クレジットカード申込みナビ > 国際ブランドで選ぶ





0!からクレジットカード申込みナビ

クレジットカードで何ができるか

クレジットカードが使える場所

クレジットカードの支払いの方法

クレジットカードの付帯サービス

クレジットカードの申し込み方

クレジットカードの使い方





クレジットカードの選び方

クレジットカード会社で選ぶ
 |
 ├銀行系クレジットカード
 | ├JCBカード
 | ├三井住友カード
 | ├さくらカード
 | ├DCカード
 | ├UFJカード
 | └シティカード
 |
 ├信販系クレジットカード
 | ├ニコスカード
 | ├オリコカード
 | └ライフカード
 |
 └流通系クレジットカード
    ├イオンカード
    ├セゾンカード
    └OMCカード

国際ブランドで選ぶ
 ├VISA
 ├JCB
 ├マスターカード(MasterCard)
 ├アメリカンエキスプレス(AMEX)
 └ダイナース(Diners Club)


Google
 
Web beginner-navi.com


国際ブランドで選ぶ

クレジットカードを選ぶ際に重要な要素の一つに、付属の国際ブランドがあります。各クレジットカード会社のブランド(ニコスやオリコなど)では、使える店が限られています。そこで、多くのクレジットカードは各クレジットカード会社の独自ブランドの他に、国際ブランドも備えています。国際ブランドとは、「VISA」、「JCB」、「MasterCard」、「アメリカンエキスプレス」、「ダイナース」の5つです。この5つのブランドは広く世界中で使えることから、多くのクレジットカードに補助として搭載されています。したがって、国際ブランドが付いているクレジットカードなら、そのクレジットカードを扱っている店舗だけでなく、付属している国際ブランドを扱っている店舗でも使うことができるのです。よって、付属している国際ブランドは、慎重に選ぶ必要があります。



各国際ブランドの特徴

5つある国際ブランドですが、現実的に考えると、国内での選択となると、「VISA」、「JCB」、「MasterCard」の3つに絞られます。この3ブランドが国内では圧倒的に普及しているからです。この3ブランドでしたら、海外でも問題なく使うことができます。「JCB」は、海外のマイナーな地域では少々厳しいかもしれません。国内では、「JCB」が強く「JCB」しか使えない店舗も多かったのですが、最近は「VISA」や「MasterCard」と変わりありません。ネット上では、3ブランドとも使えるところが多数です。しかし、「JCB」のみ使えない所もありますので、注意が必要です。以上より、普通に使うのであれば、3ブランドの内どれを選んでも結構ですが、一部海外やネット上で使えない恐れがある「JCB」を避けたいのであれば、「VISA」か「MasterCard」がよろしいのではないでしょうか。
「アメリカンエキスプレス」と「ダイナース」は、使い勝手では上の3ブランドにはかないません。こちらの2ブランドは、主にステイタスの為に所有する方が多いようです。



国際ブランド別のスペック表


加盟店数 会員数 取扱高
VISA 3000万店 9億7700万人 2兆4900億ドル
JCB 1171万店 5162万人 510億ドル
MasterCard 3200万店 5億9000万人 1兆1415億ドル
AMEX 750万店 5730万人 3114億ドル
Diners 850万店 800万人 284億ドル
※JCBは2003年、その他は2002年のデータです。