クレジットカード申込みナビ > クレジットカードの支払いの方法





0!からクレジットカード申込みナビ

クレジットカードで何ができるか

クレジットカードが使える場所

クレジットカードの支払いの方法

クレジットカードの付帯サービス

クレジットカードの申し込み方

クレジットカードの使い方





クレジットカードの選び方

クレジットカード会社で選ぶ
 |
 ├銀行系クレジットカード
 | ├JCBカード
 | ├三井住友カード
 | ├さくらカード
 | ├DCカード
 | ├UFJカード
 | └シティカード
 |
 ├信販系クレジットカード
 | ├ニコスカード
 | ├オリコカード
 | └ライフカード
 |
 └流通系クレジットカード
    ├イオンカード
    ├セゾンカード
    └OMCカード

国際ブランドで選ぶ
 ├VISA
 ├JCB
 ├マスターカード(MasterCard)
 ├アメリカンエキスプレス(AMEX)
 └ダイナース(Diners Club)


Google
 
Web beginner-navi.com


クレジットカードの支払いの方法

クレジットカードの支払方法には様々な種類があります。クレジットカードを買い物で使った翌月に一括で支払うのが「一括払い」です。クレジットカードの便利なところは、一括で支払わなくても月々分割で支払うこともできるという点です。これにより、今支払うことができない高額な物も、クレジットカードを使えば買うことができ、余裕を持って月々の分割払いで返済していくことができます。分割して月々支払う方法にも、様々な形態があります。大きく分けると、「分割払い」と「リボルビング払い」があります。両者は似ているようですが、全く違った支払いの方法です。なお、クレジットカードは、「分割払い」も「リボルビング払い」も金利手数料が掛かるので注意が必要です。また、月々の分割で支払うことは、本来は自分が買う為の資金力のないものを購入することですので、使いすぎには注意が必要です。月々の分割で支払うことは、借金をしているのだということを忘れないことが必要です。



分割払い

「分割払い」は、支払うべき金額を、自分が選んだ返済月数で割って、月々の支払額を決める支払い方法です。例えば12万円の買い物をして、それを3回払いで支払うとすると12万円÷3回=4万円となります。つまり、毎月4万円を3ヶ月に渡って支払うのです。返済が終わらないうちに、他のものを分割払いで買っても、今ある返済には影響しません。新しく買ったものは、それ独自に分割で支払っていきます。



リボルビング払い

「リボルビング払い」は、毎月の返済金額をあらかじめ決めておきます。そして、支払うべき金額を支払い終えるまで、毎月決めた額だけ支払っていく支払い方法です。例えば、あらかじめ月々の支払い金額を2万円に設定していた場合に、12万円の買い物すると、毎月2万円ずつ支払っていくので、6ヵ月後に支払いを終えることになります。15万円の買い物をした場合は、7ヶ月間は2万円ずつ支払い、最後の1ヶ月は1万円を支払うことになります。また、返済が終わらないうちに、他のものを「リボルビング払い」で買った場合には、残っている支払い残高に新しく買った金額を加算します。この加算はリボルビンが払いの限度額に達するまで何度でも可能です。